1. メニューへ移動
  2. 本文へ移動

明るい夜間戦闘

第二次世界大戦のヨーロッパ上空で繰り広げられたドイツとイギリス、アメリカの知られざる夜間戦闘の歴史や航空機、技術の紹介しています。

夜間航空団と夜間戦闘師団の編成

1940年6月22日にフランスのペタン政権が休戦条約に調印し、対フランス戦が終了しました。その当日、ヴォルフガング・ファルク大尉1910年8月19日ドイツ空軍は同日に設立が決まった夜間航空団についてヘルマン・ゲーリング帝国元帥1893年1月12日ドイツ空軍から召喚を受けました。
1940年6月26日にオランダのハーグ第1夜間航空団NJG 1)が設立され、ファルク大尉は司令官に任命されました。航空団のおまけ的な中隊から始まった夜戦部隊は、飛行隊に昇格されて、ようやく航空団の規模にまで成長したのでした。

イギリス空軍にルールをあっさり爆撃され、面目を失ったゲーリングは夜間爆撃の制圧に神経をとがらせていました。この時、夜間戦闘機の運用について最も経験を積んでいたのがファルク大尉でした。ドイツ空軍のアキレス腱対策たる、夜間航空団の創設と指令の人選は、妥当な結果と言えました。
第1夜間航空団NJG 1)は、のちに10個航空団以上の規模に発展する夜戦部隊の基盤になり、敗戦までに2300機以上の撃墜を記録することになるのでした。

第1夜間航空団NJG 1)の配下には第I飛行隊(I./NJG 1)と第II飛行隊(II./NJG 1)が編成されました。
第I飛行隊(I./NJG 1)は3個中隊編成(1./NJG 1〜3./NJG 1)で、第I駆逐航空団第I飛行隊(I./ZG 1)から編成され、装備機材はBf 110Cでした。
第II飛行隊(II./NJG 1)も3個中隊編制(4./NJG 1〜6./NJG 1)で第2戦闘航空団第IV飛行隊(IV./JG 2)から編成され、Bf 109Dを装備しました。

1940年7月1日に第1夜間航空団第II飛行隊(II./NJG 1)は第1夜間航空団第II飛行隊(III./NJG 1)に改編されました。消滅した第1夜間航空団第II飛行隊(II./NJG 1)には第30爆撃航空団駆逐中隊(Zerstörerstaffel./KG 30)があてがわれました。
Ju 88C-2装備機材はJu 88C-0、Ju 88C-1、Ju 88C-2とDo 17Z-7(Do 17Z-6)、Do 17Z-10でした。
Ju 88もDo 17も双発爆撃機を改造し、機首に固定武装を装備した戦闘機型でした。第30爆撃航空団KG 30)は1940年4月にノルウェー、デンマークを攻撃していた部隊でしたが、1個中隊が駆逐・長距離戦闘用とされ、沿岸警備と艦船攻撃にあたっていました。

Ju 88C-0 長距離戦闘機・駆逐機型の試作機型。Ju 88A-1を改造し、機首に固定武装として機銃を装備。少数が生産された。
Ju 88C-1 Ju 88A-1(Ju 88C-0とも言われる)をベースにした3座夜間戦闘機型。シュパナー赤外線暗視装置を装備。発動機をBMW 801MA空冷星形エンジン(1,600 hp)×2に換装。MG 17 7.92mm 機関銃×3とMG FF 20mm 機関砲×1を装備したJu 88A-1の改造型。生産されず。
Ju 88C-2 Ju 88C-1をベースにした3座の駆逐機・夜間戦闘機型の初期生産型。発動機をJumo 211B-1液冷エンジン(1,200 hp)×2に換装、機首がガラス製から金属製に代わり、MG 17 7.92mm 機関銃×3とMG FF 20mm 機関砲×1を機首に固定。防御用としてMG 15を背面と腹部に装備したJu 88A-1の改修型。爆弾倉が残っているので、爆弾が装備できる。最大爆弾搭載量550kg。
Do 17Z-6 Do 17Zの夜間戦闘機型、別名カウツ(フクロウ)。シュパナー赤外線暗視装置を搭載していました。
Do 17Z-7 カウツIと呼ばれる長距離侵入・夜間戦闘機型。Ju 88C-2と同型の機首を装備。
Do 17Z-10 カウツIIと呼ばれる3座の夜間戦闘機型。新設計の機首を装備。機首を密閉式にして7.9mm機銃×4と20mm機関砲×2、シュパナー赤外線暗視装置を搭載。後にレーダーも搭載されました。全長16.24m、全幅18.00m、全高4.55m、自重5.2トン、全備重量8.55トン。エンジンはBMWブラム323R-2(1200馬力)×2で、最大速度427km、航続距離2,995km。防御機銃として7.9mm旋回機銃×1-2。機体性能不足のため9機のみ生産されました。

これによって第1夜間航空団NJG 1)は戦闘機部隊の基準通り、3個飛行隊、9個中隊(Bf 110装備が3個中隊、Bf 109装備が3個中隊、Ju 88装備が2個中隊、Do 17装備が1個中隊)になり、やっとドイツ空軍は組織的に運用される夜間戦闘機部隊としての兵力がそろいました。

カテゴリ:

メタデータ:

投稿者:IMAGEDRIVE
公開日時:2009年3月 3日 10:44 更新日時:2010年3月13日 02:31
URL:http://www.nachtjagd.org/history/1940/1940_02.shtml

関連記事一覧

  1. 夜間飛行隊の設立
  2. 夜間航空団と夜間戦闘師団の編成
  3. 夜間戦闘師団の設立と明るい夜間戦闘
  4. 双発多座戦闘機と爆撃機
  5. 機上搭載レーダー
  6. 夜間邀撃システム
  7. 遠距離夜間戦闘
  8. 「ヴュルツブルク」の登場と暗い夜間戦闘の開始
  9. ヒンメルベット
  10. 1940年の総決算