1. メニューへ移動
  2. 本文へ移動

明るい夜間戦闘

第二次世界大戦のヨーロッパ上空で繰り広げられたドイツとイギリス、アメリカの知られざる夜間戦闘の歴史や航空機、技術の紹介しています。

1942年の夜間戦闘

ドイツの夜間戦力は航空機、レーダーともに質と量が拡充し始めました。対するイギリスも大爆撃機部隊を繰り出し、都市に対する無差別爆撃を開始し、ドイツの夜空を焦がす壮絶なる戦いが本格化するのでした。そして真珠湾攻撃を期にアメリカがドイツへ宣戦布告し、昼夜を違わぬ爆弾の雨がドイツに降り注ぐのでした。

  1. 強化される夜間防空戦力
  2. 1942年の夜間戦闘機
  3. 夜間専用戦闘機
  4. カムフーバー・ライン
  5. イギリス空軍のレーダー装備
  6. サーチライト帯の崩壊
  7. アーサー・ハリスの1,000機爆撃作戦
  8. アメリカ陸軍第8航空軍と空の要塞
  9. イギリス軍電子戦部隊と対レーダー兵器
  10. 第5夜間航空団(NJG 5)の創設とリヒテンシュタイン
  11. 1942年の総決算