1. メニューへ移動
  2. 本文へ移動

明るい夜間戦闘

第二次世界大戦のヨーロッパ上空で繰り広げられたドイツとイギリス、アメリカの知られざる夜間戦闘の歴史や航空機、技術の紹介しています。

ヴィルデ・ザウとハンブルクの戦い

1943年7月25日と26日にアメリカ陸軍第8航空軍がハングルクへの港湾施設に昼間爆撃を実施しました。
そして7月27日から28日の夜にかけてイギリス空軍が第2回目のゴモラ作戦を実施し、729機(出撃機数787機)が2,326tの焼夷弾、高性能炸裂弾をハングルクに投下し、市街と市民を襲いました。

今回もイギリス空軍は「ウィンドウ」を使用しレーダーを攪乱させましたが、イギリス空軍の爆撃機の無線手はドイツ側の無線がいつもの簡単な内容ではなく、詳細に爆撃機のコースや高度を教えているのに気付きました。
第300戦闘航空団JG 300)は12機を発進させ、消火作業が間に合わず燃えさかるハングルク上空で「ヴィルデ・ザウ」をしかけました。
第3夜間航空団(NJG 3)の夜間戦闘機もこれに習うと続けて攻撃をしかけました。

イギリス空軍が投下した爆弾は都市中心部より2マイル東で爆発しました。この夜のハングルクは異常に乾燥しており、労働階級の住む住居が建て込んだハンマーブルーク地区、ハム地区、ボークフェルデ地区、ローテンブルクスオルト地区で火災旋風が発生しました。

爆撃後のハングルクイギリス空軍は通常の爆撃よりも集中して爆弾を投下出来るようにし、550ないし600発の爆弾が2マイル×1マイルの密度で投下しました。
そうして小さな火災が集まって大火となり、30分のうちにハングルクは火の海と化しました。
火災旋風はおよそ3時間ほど続き、およそ16,000戸の高層アパートが破壊され、約40,000人が死亡しました。
地下防空壕に逃げ込んだ市民は焼け死ぬか、空気が吸い出された結果として発生した一酸化炭素による窒息で死亡し、夜が明けたハングルクには形を止めていない黒焦げになった死体が幾千も横たわっていました。
この空襲の影響でおよそ1,200,000人に上るハンブルク市民のうちの3分の2が、更なる空襲を恐れハングルクから避難しました。

第300戦闘航空団JG 300)と第3夜間航空団NJG 3)は奮戦しましたが、あまりにも機数が少なく、第1回目の12機を上回る17機を撃墜したものの、イギリス空軍は出撃機数の2.2%未満の損失に抑え、第2回のゴモラ作戦は成功と言えました。

しかし主力の夜間航空団も「ヴィルデ・ザウ」戦法に移行し、じりじりと戦力を回復し始めるのでした。

火災旋風(かさいせんぷう)とは、地震や空襲などによる都市部での広範囲の火災や、山火事などによって、炎をともなう旋風が発生し、さらに大きな被害をもたらす現象。鉄の沸点をも超える超々高温の炎の竜巻である。

個々に発生した火災が空気(酸素)を消費し、火災の発生していない周囲から空気を取り込むことで、局地的な上昇気流が生じる。これによって、燃焼している中心部分から熱された空気が上層へ吐き出され、それが炎をともなった旋風になる。さらに、これが空気のあるほうへ動いていき、被害が拡大していく。火災旋風の内部は秒速百メートル以上に達する炎の竜巻であり、高温のガスや炎を吸い込み呼吸器を損傷したことによる窒息死が多く見られる。 火災旋風は、都市中心部では、ビル風によって発生する可能性が指摘されている。

参考資料

カテゴリ:

メタデータ:

投稿者:IMAGEDRIVE
公開日時:2009年7月 8日 20:31 更新日時:2009年7月 9日 21:53
URL:http://www.nachtjagd.org/history/1943/1943_13.shtml

関連記事一覧

  1. アメリカ陸軍第8航空軍のドイツ本土爆撃
  2. 夜間航空団の対重爆撃機迎撃
  3. 対重爆撃機迎撃による夜間航空団の損失
  4. H2Sの実践投入
  5. ハヨ・ヘルマンの単発夜間戦闘機隊
  6. ルールの戦闘
  7. リヒテンシュタイン装備の1943年の夜間戦闘機
  8. ハインケル He 219の初陣
  9. 暴かれたリヒテンシュタイン
  10. ウィンドウの実戦投入とドイツレーダー網の崩壊
  11. 第300戦闘航空団(JG 300)「ヴィルデ・ザウ」の創設
  12. 20世紀のゴモラの街
  13. ヴィルデ・ザウとハンブルクの戦い
  14. イギリスの報復と無差別爆撃の始まり
  15. ツァーメ・ザウ
  16. シェーネルトの対爆撃機用兵器
  17. ヒドラ作戦(ハイドラ作戦)
  18. シュレーゲ・ムジーク
  19. カムフーバーの更送
  20. ベルリン爆撃の開始
  21. 1943年のベルリン爆撃
  22. 1943年の総決算