1. メニューへ移動
  2. 本文へ移動

明るい夜間戦闘

第二次世界大戦のヨーロッパ上空で繰り広げられたドイツとイギリス、アメリカの知られざる夜間戦闘の歴史や航空機、技術の紹介しています。

1943年のベルリン爆撃

第2回ベルリン爆撃

第2回目は11月22日から23日の夜に行われました。ベルリン爆撃を目標にしたのは、469機のアブロランカスター」、234機のハンドレページハリファックス」、50機のショートスターリング」、11機のデハビランドモスキート」の計764機でした。

この爆撃でイギリス空軍の損害は3.4%にあたる26機を失いましが、一連のベルリン爆撃の中で最も損害を与えました。
カイザー・ヴィルヘルム教会この日は空気が乾燥していた為に、ベルリン中心地から西のティーアガルテンシャルロッテンブルクシェーネベルクシュパンダウなどの住宅街で大火災が発生しました。
175,000人が家を失い、カイザー・ヴィルヘルム教会が破壊されました。
またイギリス、フランス、イタリア、日本などの大使館やシャルロッテンブルク城、ベルリン動物園などの重要な施設も被害を受けました。

第3回ベルリン爆撃

第3回は1943年11月23日から24日の夜にかけて行われ、365機の「ランカスター」と10機の「ハリファックス」、8機の「モスキート」の計383機で行われました。

第4回ベルリン爆撃

第4回は11月26日から27日の夜にかけて行われ、443機の「ランカスター」、7機の「モスキート」がライニッケンドルフの郊外にある半産業地域に損害が集中しました。他に84機がシュトゥットガルトを襲い、計666機の5.1%にあたる34機が撃墜されました。

第5回ベルリン爆撃

第5回は1943年12月2日から3日の夜にかけて行われ、425機の「ランカスター」、15機の「ハリファックス」、18機の「モスキート」によって行われました。
予想外の横風によって編隊は乱れ、参加した458機の8.7%にあたる40機(37機の「ランカスター」、2機の「ハリファックス」、1機の「モスキート」)が撃墜されました。
また投弾も不正確で、爆弾はベルリンの南側に落ちました。しかしジーメンス工場、ボールベアリング工場やいくつかの鉄道施設に損害を与えました。

第6回ベルリン爆撃

第6回は1943年12月16日から17日の夜にかけて、483機の「ランカスター」と15機の「モスキート」によって行われました。
イギリス空軍は出撃時に低く垂れ込めていた雲による離陸ミスの4機を含む29機を失い、損失は5.8%になりました。
ベルリンの鉄道網は広範囲な損害を受け、東部戦線に送る予定だった貨車1,000台分の資材が6日間足止めされました。他にも国立劇場や公文書館も破壊され、これまでの爆撃によりベルリンの居住施設の4分の1が使用不能になりました。

またこの戦いで第141飛行隊(No. 141 Squadron)の「ボーファイター」と「モスキート」各2機が、「セレイト」を使った夜間戦闘機狩りに成功しました。

第7回ベルリン爆撃

第7回は12月23日から24日の夜にかけて、364機の「ランカスター」、7機の「ハリファックス」、8機の「モスキート」で行われました。ドイツ夜間戦闘機は悪天候により、4.2%にあたる16機の「ランカスター」を撃墜したのみでした。

第8回ベルリン爆撃

1943年最後となる第8回目のベルリン爆撃は12月28日から29日のよるにかけて行われました。457機の「ランカスター」、252機の「ハリファックス」、3機の「モスキート」の計712機(709機説もあり)は厚い雲に守られながらベルリンを目指していました。

フランスのサン・トロン(シント=トライデン)から出撃した第1夜間航空団第5中隊(5./NJG 1)のオットー・フリース少尉ドイツ空軍は、Bf 110G-4のSN-2のスコープに走る輝線がイギリス空軍の妨害電波で判読困難だっため、地上からの誘導を受けて敵機の方向へ機首を向けました。
今度は明瞭に感応表示が出て、敵機は3km前方、高度は予想外に高くて6,000mを超えていました。距離300mで前上方に「ランカスター」を発見すると、150mで第1撃の斉射を放つと同時に「ランカスター」は離脱機動のコークスクリューを打って降下にうつりました。
フリース少尉ドイツ空軍は離れまいとひたすら追撃し、第4弾を右翼のエンジン間に命中させ、「ランカスター」が激しく燃え出しました。すばやく右旋回で衝突を避け左へ切り返して敵機が雲中に没するのを確認すると、まもなく爆発して雲が赤く染まりました。

10分間の追撃戦で葬ったフリース少尉ドイツ空軍にとって5機目の敵は、イギリス空軍第115飛行隊の「ランカスター」II型で、投弾後の帰還中をフリース機に襲われたのでした。乗員7名のうち3名は落下傘降下で助かり、2名が捕虜になりました。

参考資料

カテゴリ:

メタデータ:

投稿者:IMAGEDRIVE
公開日時:2009年8月15日 12:06 更新日時:2009年9月27日 17:26
URL:http://www.nachtjagd.org/history/1943/1943_21.shtml

関連記事一覧

  1. アメリカ陸軍第8航空軍のドイツ本土爆撃
  2. 夜間航空団の対重爆撃機迎撃
  3. 対重爆撃機迎撃による夜間航空団の損失
  4. H2Sの実践投入
  5. ハヨ・ヘルマンの単発夜間戦闘機隊
  6. ルールの戦闘
  7. リヒテンシュタイン装備の1943年の夜間戦闘機
  8. ハインケル He 219の初陣
  9. 暴かれたリヒテンシュタイン
  10. ウィンドウの実戦投入とドイツレーダー網の崩壊
  11. 第300戦闘航空団(JG 300)「ヴィルデ・ザウ」の創設
  12. 20世紀のゴモラの街
  13. ヴィルデ・ザウとハンブルクの戦い
  14. イギリスの報復と無差別爆撃の始まり
  15. ツァーメ・ザウ
  16. シェーネルトの対爆撃機用兵器
  17. ヒドラ作戦(ハイドラ作戦)
  18. シュレーゲ・ムジーク
  19. カムフーバーの更送
  20. ベルリン爆撃の開始
  21. 1943年のベルリン爆撃
  22. 1943年の総決算