1. メニューへ移動
  2. 本文へ移動

明るい夜間戦闘

第二次世界大戦のヨーロッパ上空で繰り広げられたドイツとイギリス、アメリカの知られざる夜間戦闘の歴史や航空機、技術の紹介しています。

1944年のベルリン爆撃

マンフレート・モイラー中佐(向かって右側)とゲアハルト・シャイベ曹長ハインリヒ・プリンツ・ツー・ザイン=ヴィトゲンシュタイン少佐1916年8月14日ドイツ空軍が死亡した1944年1月21日にかけてのベルリン爆撃(正確にはベルリン南西のマクデブルクが爆撃目標)では、第1夜間航空団第I飛行隊(I./NJG 1)の飛行隊長で、夜間航空団で第3位のスコアを持つマンフレート・モイラー大尉1919年9月8日ドイツ空軍も失われました。
He 219に乗って、マクデブルク上空でイギリス軍爆撃機群を迎え撃ったモイラー大尉1919年9月8日ドイツ空軍は、通算65機目を撃墜しましたが、あまりの接近したために燃え落ちるアブロランカスター」と空中衝突したのでした。

一方、イギリス空軍の受けた打撃も大きく、この日に出撃した648機のうち未帰還機は8.9%の55機にも達しました。
「ベルリン死守」を念頭にドイツ夜間戦闘機と高射砲部隊は執拗な邀撃を怠らず、イギリス空軍爆撃機兵団は出撃のつど、大量の未帰還機を出していました。

第12回ベルリン爆撃

第12回のベルリン爆撃は1月27日から28日の夜にかけて行われ、515機の「ランカスター」、15機のデハビランドモスキート」の計530機が参加しました。
夜間戦闘機は通常より早く行動を開始しオランダの海岸から北の洋上で迎え撃ちましたが、ヘルゴラント島の北で機雷敷設を行っているイギリス空軍の部隊を集結中の爆撃部隊と勘違いし、夜間戦闘機の約半数がベルリン邀撃に参加できませんでした。

このベルリン爆撃とは別に「スターリング」と「ウェリントン」80機がオランダの海岸で、21機の「ハリファックス」がヘルゴラント島近くで機雷敷設を行い、また9機のRCM(対レーダー)部隊と「セレイト」を装備した12機の「モスキート」が爆撃機を援護し、18機の「モスキート」がベルリンに向かう爆撃機のコースに'fighter flares'を投下しました。
このようにベルリン爆撃を支援する為に140機もの航空機が様々な活動を行っていました。

ベルリン爆撃でイギリス空軍は全体の6.6%にあたる33機を失いました。

第13回ベルリン爆撃

第13回は1月28日から29日の夜にかけて行われ、432機の「ランカスター」、241機の「ハリファックス」、4機の「モスキート」の計677機によって行われました。
全体の6.8%にあたる「ハリファックス」26機、「ランカスター」20機の計46機が失われました。

ベルリン爆撃の支援として63機の「スターリング」と4機のパスファインダー「ハリファックス」がベルリン爆撃の5時間前にキール港へ機雷敷設を行いました。パスファインダーが機雷敷設を支援するのはこれが初めてでした。
また6機の「モスキート」が爆撃兵団の4時間前にベルリンを爆撃し、18機の「モスキート」がデーレン(アーネム)レーワルデンフェンローなどの夜間航空団の基地を攻撃しました。
4機の「モスキート」はハノーファーに陽動襲撃を行い、6機の「モスキート」がベルリン爆撃に随伴し、「セレイト」を用いて援護を行いました。
これら支援活動で2機の機雷敷設を行っていた「スターリング」と1機の「セレイト」を装備した「モスキート」が失われました。

第13回目のベルリン爆撃に参加した794機のうち6.2%にあたる49機が失われました。

第14回ベルリン爆撃

第14回は1月30日から31日の夜にかけて行われ、440機の「ランカスター」、82機の「ハリファックス」、12機の「モスキート」の計534機で行われました。
この夜はイギリス軍による陽動作戦はなく、夜間戦闘機は海上からボマー・ストリームを邀撃することはできませんでした。
よって爆撃機兵団は往路に夜間戦闘機と遭遇することはありませんでしたが、帰路に攻撃を受け、全体の6.2%にあたる「ランカスター」32機、「ハリファックス」1機の計33機が失われました。

22機の「モスキート」がヴッパータールを、5機の「モスキート」がブラウンシュヴァイクを攻撃し、8機のRCM(対レーダー)部隊、7機の「セレイト」装備機が出撃しました。また12機の「スターリング」がGironde河に機雷を敷設しました。

第14回目のベルリン爆撃では参加した610機のうち5.4%にあたる33機が失われました。

その他のイギリス軍夜間爆撃

1月29日から30日の夜に、22機の「モスキート」がデュイスブルクエルブヴィルを攻撃しました。

参考資料

カテゴリ:

メタデータ:

投稿者:IMAGEDRIVE
公開日時:2009年9月27日 17:45 更新日時:2009年9月27日 17:49
URL:http://www.nachtjagd.org/history/1944/1944_02.shtml

関連記事一覧

  1. 王族エース ヴィトゲンシュタインの死
  2. 1944年のベルリン爆撃
  3. ベルリン爆撃の終焉
  4. 血の三月(イギリス空軍最悪の日)
  5. ユンカースの台頭
  6. シェーネルトの独立単座夜間戦闘機部隊
  7. カムフーバー・ラインの崩壊
  8. ヴェルターとRAF第100集団のモスキート
  9. 追い込まれるレーダー技術
  10. 増加する機材と欠乏する燃料
  11. トップエース ヘルムート・レントの死
  12. 1944年の総決算