1. メニューへ移動
  2. 本文へ移動

明るい夜間戦闘

第二次世界大戦のヨーロッパ上空で繰り広げられたドイツとイギリス、アメリカの知られざる夜間戦闘の歴史や航空機、技術の紹介しています。

サイト内検索結果

タグ「ヴィルデ・ザウ」が付けられているもの

トップエース ヘルムート・レントの死

第3夜間航空団司令ヘルムート・レント大佐1918年6月13日ドイツ空軍は1944年7月、ついに前人未踏の夜間100機撃墜を達成しました。昼間であれば100機以上撃墜のエースは100人を超えていましたが、夜間撃墜のエースはレントハインツ=ウォルフガング・シュナウファー少佐1922年2月16日ドイツ空軍の2人だけでした。

トップエース ヘルムート・レントの死の続きを読む

血の三月(イギリス空軍最悪の日)

イギリス空軍爆撃機兵団の最悪の日は「ベルリン空襲」が終わった6日後の1944年3月30日にやってきました。この夜に発進した572機のアブロランカスター」、214機のハンドレページハリファックス」、9機のデハビランドモスキート」で計795機。目標はニュルンベルクでした。
この夜、本土方面のドイツ夜間戦闘隊の全力、すなわち第1戦闘師団JD 1)、第2戦闘師団JD 2)、第3戦闘師団JD 3)、第4戦闘師団JD 4)、第7戦闘師団JD 7)指揮下の各航空団は、敵機進入の予報を受けて出撃準備を完了していました。迎え撃つ戦力は双発夜間戦闘機361機、単発夜間戦闘機150機でした。

血の三月(イギリス空軍最悪の日)の続きを読む

1