1. メニューへ移動
  2. 本文へ移動

明るい夜間戦闘

第二次世界大戦のヨーロッパ上空で繰り広げられたドイツとイギリス、アメリカの知られざる夜間戦闘の歴史や航空機、技術の紹介しています。

MG FF 20mm 機関砲

Bf 109E4の翼内に搭載されたMG FF/MMG FFはドラム給弾式の20mm機関砲で、1936年にベルリンのイカリア社によって開発されました。スイスのエリコン FF F 20mm 機関砲を発展させたもので、固定機銃および旋回機銃として設計されました。
1941年から徐々にMG 151/20 20mm 機関砲へ切り替えられましたが、第二次世界大戦の初期の間にはドイツ空軍では様々な用途で使われました。

エリコン FF Sから発展したライバルのイスパノ・スイザ HS.404に比べ、MG FFはドラム弾倉使用で携帯弾数が制限され、低発射速度と低初速などの欠点がありました。

ドラム弾倉が大きなスペースを必要とするのでBf 109やFw 190の翼内に収めるのは簡単ではなく、まず60発ドラム弾倉を採用しました。90発の標準的なドラム弾倉はFw 190A-5のために開発されました。ベルト給弾の実験も行ないましたが結局実用には至りませんでした。

大量の火薬を充填できる薄殻榴弾※が利用できるMG FF/Mが開発されました。この薄殻榴弾は軽く、初期の弾丸より低反動でしたが、銃本体の負荷になることが分かりました。また薄殻榴弾は焼夷弾と曳航弾を併用できないという特徴もありました。
MG FF/Mは1940年の夏からBf 109E-4とBf 110C-4に搭載されました。

MG FFとMG FF/MはBf 109E-3やBf 109F-1、Bf 110C〜FそしてFw 190A-1〜A-5に搭載されました。Fw 190は胴体内に一対のMG 151と翼内に一対のMG FFを搭載しましたが、重量軽減の為に現地で取り外されることもありました。
MG FFは他の機関砲と同じく、Do 217やJu 88、He 111などの爆撃機にも搭載されました。

Bf 110G4/R8にシュレーゲ・ムジークとして搭載されたMG FF/M1941年頃からMG 151/20 20mm 機関砲へ置き換えられたMG FFは、1943年からはBf 110夜間戦闘機のコクピット後部にシュレーゲ・ムジークとして搭載されました。

※薄殻榴弾:M-Geschoss(Mine-shellやMinengeschossとも)は薬莢と同様、板金を叩き出して弾頭形状に仕上げる製造方法で作られる弾薬。炸薬重量比は約80%、なお通常炸裂弾では10%前後。

性能

重量 26.3kg
全長 1,370mm
初速 600m/s(MG FF)
585m/s(FF/Mで徹甲弾または榴弾使用時)
700m/s(MG FF/Mで薄殻榴弾使用時)
発射速度 520rpm(MG FF、FF/Mで徹甲弾または榴弾使用時)
540rpm(MG FF/Mで薄殻榴弾使用時)
弾種 徹甲弾(AP
榴弾(HE
薄殻榴弾(HE(M)) (MG FF/Mのみ)

参考資料

カテゴリ:

メタデータ:

投稿者:IMAGEDRIVE
公開日時:2009年4月 4日 01:55 更新日時:2010年3月14日 23:36
URL:http://www.nachtjagd.org/technology/gun/luftwaffe/mgff.shtml

関連記事一覧

  1. MG 151/15 15mm 機関銃
  2. MG 151/20 20mm 機関砲
  3. MG 17 7.92mm 機関銃
  4. MG FF 20mm 機関砲